スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の若者って。

これは単なる愚痴です。

最近の若者って、自分たちが守られてることを意識してない。
なんで北朝鮮があんな威嚇しかできないのか考えた事があるのだろうか?
なんで日本は安全な国だと言われているか知っているのだろうか?
簡単なことだ。
日本がアメリカに生かされているからだ。
アメリカという軍事国家が日本の後ろに立っている限り日本にむやみな攻撃は行えない。
北朝鮮が意地なってまで日本にちょっかいを出すのはアメリカという存在に認知させるためだ。
北朝鮮はかつてアメリカに「北朝鮮などあってもなくてもどうでもいい」と言われたことがある。
いうなれば、北朝鮮なんて国はいつでも潰せると言われたようなものだ。
それだけアメリカの軍事力は強大だということだ。
そんなアメリカがアジアでの拠点としているのが日本だ。
日本での活動は日本を守ることとつながっている。
つまりはアメリカが居ることによって日本が守られているのだ。
それが、日本の対応はどうだろう。
非難しかない。
確かに、アメリカにも非はある。
その気持は理解できるだろう。
だが、追い出した場合、日本はどうなるのだろうか?
自分は自衛隊を戦力とみるのか防衛力で見るのかといわれたら、防衛力だと答えるだろう。
自衛隊には遠距離攻撃力がない。
大陸間弾道ミサイル等の類は一切持っていないのだ。
その代わり防衛力に関してはそれなりにある。
これは自分の見方だが共感してくれる人もいるだろう。
なら、自衛隊だけで日本は守れるんじゃないのかといわれたら答えはNOだ。
先ほども言ったが、日本には遠距離攻撃能力がない。
つまり、日本には牽制能力がないのだ。
自衛隊の基本概念は専守防衛。
つまり攻撃されない限りは何もできない。
北朝鮮は日本をいつでも攻撃できるミサイルが多数ある。
それらが一斉に日本に撃たれたら日本は守りきれるのだろうか?
ニュースにもなったPAC3だが、配備されている場所は限られているし、数がない。
日本の持つPAC3よりも多くミサイルを撃たれたら確実にダメージを受けるだろう。
また、確実に迎撃できるとも限らない。
映像では迎撃出来ていたが、あれは「訓練」であり「実戦」ではない。
絶対などありはしないのだ。
そうなれば、日本の半分以上は焦土となるだろう。
そうでなくても、東京、埼玉、愛知、大阪等日本の主要部分を攻撃されれば日本の能力は0となる。
それだけ日本の能力は限られている。
もし、守りきれたとしよう。
それ以降の対応として、自衛隊は相手を殺せるのだろうか?
そもそも、守るだけでいいと思うのだろうか?
相手の攻撃力を奪わなければ日本は攻撃され続けるのだ。
相手の攻撃拠点を潰さない限り本当の意味で日本を守ったとは言えないのだ。
そうなれば、アメリカの協力が必要となってくる。
アメリカもアジア拠点である日本を失うわけにはいかない。
そのため、アメリカが日本を守る。
日本とアメリカはもう斬っては切れない関係なのだ。
そんな日本の現状を見て、日本は大丈夫だ、戦争なんて関係ないとはいえるのだろうか?
自分は言えない。
寧ろ、真後ろにあるのだと思っている。

こんな日本で今の若者は何を思って生活しているのだろうか。
世界情勢が1日ずつ変わっていく今の世で、日本は今後どんな立場でいればいいのか。
それを考えるのは自分を含めた平成の代だ。
関係ないと言わず、現状をよく見てほしいを自分は思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鬼神「仮名」

Author:鬼神「仮名」
ぶっちゃけてオタクです。
アニメ、ゲーム、漫画、銃器全般、サバイバルゲーム、車などが趣味です。
ブログ内容は主に上記の感想をメインとしています。
おっさんですがよろしく!

※下のメールフォームで送ったにもかかわらずいつになっても返信などが無い、ちゃんと届くかどうか心配だという場合はお手数ですがsprt8dw9○lagoon.ocn.ne.jpに名前とご用件を記入してメールを送ってください。(○の部分を@に変えてください)また、迷惑メール、スパムメールなどは自動で削除する設定となっています。ご理解とご協力をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
Hello,good-bye 応援中!
フリーエリア
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
はろー☆わーくすバナーキャンペーン応援中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。